So-net無料ブログ作成

猫歴 '07/1/28

「にゃんマイダぁ~」
こらこらこら…。

ご先祖さまに怒られますって。

ご先祖さまで思い出した。
こどもの頃、拾ってきたオスのトラ猫は「チロ」。
その後、三毛だかキジだったか、メスを拾ってきてミーコ。
チロはオスだったせいか、放浪の旅に家出してしまった。
ミーコは、親父が張り替えたばかりの障子に駆け登り、激怒した親父が捨ててしまった。
その後、メスを拾ってきて「ニャコ」。
引っ越した先で逃走してしまったが、一週間後に戻ってきた。
のも、つかの間、夜中風呂に落ちて水死。
前の家の風呂が木の風呂で、フタの上で寝るのが好きだったニャコ、不幸な事故だった。
その後、20年以上猫飼っていなかったが、東京のアパートでベランダに来ていたトラ猫にちくわをやっていたら、4匹の仔猫を産んで消えた。
そのまま餌をやって育ててたのだが、「さの字」(腹にサの模様)「ちゃび」(一番チビだった)の2匹が残り居ついた。
引越し先がペット禁止だったので、実家に押し付け、その後サノはもっと待遇の良い家に家出してしまい、ちゃびは10年あまり平和に暮らした。
ペット禁止マンションに住んでいたものの、事務所で「ホイミ」と言うアメショーを飼い始めたのに猫熱再燃。
ペットショップで抱いたら離れなくなってしまったのが、先代のメインクーン「ちゃあ」。
で、響子に到るのが我が家の猫系図。
わかったか?きょん。
話が長すぎた、丸くなっちょるzzz。


タグ:ホイミ 猫歴
nice!(9)  コメント(9) 
共通テーマ:ペット

nice! 9

コメント 9

sachi

はじめまして

あらあら
お仏壇に・・・
でも 乗っかるぐらいなら・・・
家のワンはお仏壇に供えてあるお菓子をそーっともってきて食べちゃいますよT_T
by sachi (2007-01-28 20:11) 

symphony

いますね、いますね先代さんが、
うちも、失踪した者、亡くなった者いろいろおりますが、
どれも楽しい思い出になりにけり、、です。
そしてまた、猫と暮らす。 
どこまでも猫と縁の切れない人生にゃのです(笑)
by symphony (2007-01-28 20:13) 

skimble

こんばんは。scoskiです。
様々な猫飼いの歴史があったのですね~。
興味深く読ませていただきました。
沢山の先代猫ちゃんがいて、巡り巡って今のきょんちゃんに巡り付いたのですね。きょんちゃんと一緒に、分かりました、と頷いてしまいました~。
by skimble (2007-01-28 21:14) 

ももすけ

たくさんの猫さんと暮らしてたんですねー
きょんちゃん、お仏壇におしり向けちゃだめですヨ
by ももすけ (2007-01-28 22:11) 

わっと

思い出せばたくさんの思い出が浮かんできますよね♪
辛かったことや、楽し嬉しいことが・・・
そうなんですよ、きょんちゃん♪
by わっと (2007-01-29 09:12) 

トーマ

いっぱいネコがいたんだなぁ~~~w
先代猫たちが天国できょんちゃんを見守ってますよ。
by トーマ (2007-01-29 09:45) 

溺愛猫的女人

こんにちは

うわっ、きょんちゃん! なんてところに(=´д`)ヽ
猫生はあまりに短いのですが、どの子も大切な思い出となって心の中で生き続けています。
TAKUMAさまの猫の歴史、拝見させて頂きありがとうございました。
by 溺愛猫的女人 (2007-01-29 13:59) 

サクラコ

きょんちゃん!早くおりておいでーー(アワアワ)せめて逆向きましょうか?(笑)
TAKUMAさん、たくさんの猫を飼われていたのですね。
私もきょんちゃんとscoskiさんと一緒に分かりました。とうなずきました~。
by サクラコ (2007-01-29 14:25) 

ふさ

きっと拝んでいるんですよ きっとね・・・
私の実家でも、餌付けしたいたメス猫が2匹生み、1,2ヶ月後、母親は縄張りを引き継ぐように子供から去っていきました
そのうちの1匹は去年亡くなり、
もう1匹が現在我が家にいる「ふさ」です。

猫は亡くなると、飼い主に新しい猫との出会いを導いてくれると思っています。
きょんちゃんも先代から導かれてきたのでは???
幸せだね きょんちゃん
by ふさ (2007-01-29 16:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント